特許を取る際の注意

貴方の考えた特許。出願前に注意することがあります。 - 特許の期間はあるのか!?

特許の期間はあるのか!?

特許の話
特許権には有効期限が存在するというのはご存知でしょうか?特許の権利には永久というものはないのです。

出願の日から20年経つと存続期間というものはなくなってしまいます。医薬品など、一部は延長登録があると最長で25年になるのです。

なので、特許をとっても発明するのが遅れてしまってはダメだということです。20年の間に完成させてしまわなくてはなりません。

特許出願の日からですので、独占できる期間はそう長くはないということです。独自製品の発明のために、なるべく早く発明したいですね。

そして、役に立ち莫大な利益を生み出す製品になることが会社の目標といえるでしょうね。

特許出願のランキングでは、キャノンが1位に輝いています。カメラで有名な企業で、独自の技術を使った製品を発明しているんです。

次々に製品を生み出しているので、特許権を取ってからまた次の特許を届けているのでしょう。

こういったサイクルで、経済は回っており会社に利益をもたらすので独自製品を開発出来ると感じた際には特許をとって、発明に専念したいですね。

特許庁に届け出を出して、必要な経費を払う。書類を提出するだけで、
権利を独占できるのが特徴です。

有効期限には気をつけましょう。

似たような製品があるのはなぜか?ということを考えたことはないでしょうか?これにはきちんとした理由があります。

特許の有効期限がなくなった。物質の特許が解除された。製法の特許が解除された。などなど、特許にもいろいろな種類があります。

物質の特許がなくなっても、製法の特許が合った場合は、製法を変えて同じような製品を作り出せる可能性はあります。製法が同じで物質を変えるといったことも同様です。

全ての特許が解除されれば、同じ製品が作れるものです。一部の特許が解除されて、ジェネリックの医薬品が販売されるというケースが多くあります。

特許を出願する時は、前に似たようなケースで特許権を有している企業や個人がいないかなどを入念に調べておく必要があります。特許権侵害ということになって、訴訟を起こされれば軽い罰金などでは済まなくなります。

特許に関してわからないことがありましたら下記の海特許事務所に相談すると解決できます。

特許費用│海特許事務所

良いアイデアを思いついたと思った時も、一人よがりに開発や販売をするのではなく、特許権を持っている人がいないかなどを調査しましょう。

闇雲に作り上げて、商品になって販売をしてから特許権侵害訴訟を起こされてはあとの祭りとなってしまいます。

製品を作る時やビジネスモデルを使う時も、特許の有無の調査は、発明や経営をする上で重要です。

特許と医薬品

医薬品などにおいて、同じ薬効でも「ジェネリック」などは比較的に安価で利用できますよね。
これは、特許の権利期間が終わった薬品について作られているお薬たちです。
ですから、名前は違っていても薬効が同じものを第三者機関が作ることが出来るというわけです。
特許庁前
医薬品においても、20年間の特許権が与えられます。
その間は独占権を有することが出来ますので、一般的な特許と同じような権利を持つことが出来るわけです。

利用者からすれば、ジェネリックなどの恩恵は大きいものではありますがメーカーからすれば独占権などを出来れば延長したいなどという事もあるかと思います。
このような場合、特許制度や薬事制度・公的な保険制度などを利用して、独占権を延長して利益を得られるようにできるのです。
全てのケースにおいて延長がされるわけではありませんが、知識集約型産業としての医薬品作業に力添えをしているのです。

こうした延長ですが、日本はEUでは部分的に認められていますが、アメリカにおいては認められませんので出願した国・権利を与えられている地域によって制度が異なってきますのでご注意ください。

このように医薬品に関しても、特許の力というものは大きく影響しているのです。

更新情報